エステ体験の時の勧誘の断り方って?

 

 

エステサロンに行こうと決めたならば、多くの人はワクワクしているでしょう。だって、今よりもきれいになるために行くのですから。

 

でも、そのエステサロンで、嫌な思いをしてしまう人も、時々入るのは事実です。

 

トラブルの代表的なものが、「強引な勧誘」です。

 

かつてはあまりにこの悪評が広まったので、「これではお客さんの足を遠ざけるばっかり」となり、業界を挙げて、なくすように努めてきました。が、完全になくなったとまではなっていないようです。

 

また、今どきはどこのお店のホームページにも、「強引な勧誘はいたしません」と書いてあります。が、これがなかなか信じていいようなものではありません。

 

たとえば、こういったものが「強引な勧誘」の典型的なパターンです……

 

相手は、お試しコースで来たお客さん。予定の時間は60分。で、実際にお肌をマッサージしたり、美顔器を使ったりは、たったの10分程度。あとは、ひたすら、横で、「今、コースを契約しておけばお得です」「お肌に問題があります。しっかりと治すためには○○コースを受けたほうがいいです」と一方的に話すばかり……

 

「契約するまで、帰してもらえそうになかった」なんてあきれるお客さんまでいるようです。これが本格的なコースを受けても続く場合もあります。

 

こういったことも見越して、「その場では、契約の判断はしない」と決めいておいてから、行ったほうがいいかもしれません。

 

「よそのお店も受けて比較させてもらう」「お金を出していいか家族と相談する」などの返答を、頭の中に用意しておくといいでしょう。